トップページ > これからのヨーグルトは乳酸菌で選ぼう

これからのヨーグルトは乳酸菌で選ぼう

乳酸菌の代表的な食品といえばヨーグルトですね。最近、ヨーグルトのパッケージなどに「プロバイオティクス乳酸菌」という文字を見かけたことはありませんか。これは、体にとって良い働きをすることが裏付けられた乳酸菌を示す言葉です。

 

プロバイオティクスとは「口から摂取され、生きたまま腸に届いて整腸作用をもたらし、体に有益な働きをする微生物」のことで、アンチバイオティクス、いわゆる抗生物質に対して名付けられました。

 

プロバイオティクスヨーグルトの条件

 

安全性が保証されているもの
もともと人の腸内に棲みついていた乳酸菌であること
人の体に有益な効果が認められるもの
腸内で定着、増殖できるもの
胃酸や胆汁などに耐えて、生きたまま腸へ到着できるもの
食品になったとき、有効な菌数が維持できるもの

 

これらの条件をすべて満たし、科学的に証明された乳酸菌だけをプロバイオティクス乳酸菌と呼ぶことができます。しかし、スーパーに行ってもいろいろな種類のヨーグルトが売られていて、どれが体にいいのか迷いますがひとつのポイントとして「菌種」があります。

 

菌種の例

 

LC1乳酸菌:整腸、病原菌の感染予防、ピロリ菌を抑制、免疫力を高める
LG21:成長作用、ピロリ菌の抑制
ヤクルト菌:整腸作用、発がん抑制効果、免疫力を高める
BE80菌:整腸作用、便通にかかる時間を短縮
GG菌:整腸作用、発ガン抑制効果、アトピー性皮膚炎予防効果
ガゼリ菌・ビフィズス菌:整腸作用
ロイテリ菌:整腸作用、免疫力を高める

 

このようにそれぞれの乳酸菌種の機能に応じてヨーグルトを選ぶようにすれば、より効果的です。

 サイトマップ
Copyright(c) 2017 夏までにタトゥーを除去したい!一番安い方法は? All Rights Reserved.